慈しむ

基本 適当な人間です。 

母の日のプレゼント 子供の成長と共に思う事

もうすぐ 母の日ですね。

デパートや 花屋さん 雑貨店でも ケーキ屋さんのケースの中も

母の日一色

 

母の日の子供からの贈り物についての考え方 受け取り方

それは 人それぞれだと思うのですが

 

子供が小さかった頃には

お絵描きをプレゼントしてくれたり

折り紙で作ったカーネーションだったり

あの頃のプレゼントは 子供の本当の心なり 親への贈り物を

楽しんでいる姿を思い浮かべて とっても嬉しかったことを思い出します。

 

子供も大人になって 一生懸命働いて

それぞれに 生きていくのに頑張っている中

○○の日だから と 特別に何かを頂く事

私 個人的には 必要ないと考えています。

 

皆 それぞれ生きていくのに一生懸命

それなのに 母の日だからと プレゼントを貰うより

子供が 働いて逞しく?生きていく頑張る姿を見せてもらえていることで

もう十分 それが 母親として 一番嬉しい贈り物だ!と 日々思っているのですが

 

娘は プレゼントするのが大好きな人なので 毎年 誕生日、母の日 父の日 クリスマスにまで 贈り物をしてくれます。

何度お断りしても・・・

それは 彼女にとって お金云々ではなく 「やりたいからやってるだけの事

気にしないで」 などと言われるのですが

 

実家の母も 私と同じ考えなので

何も要らないと言われます

素直な私は 何も贈りません。

母の 「要らない」の心の奥がわかるから

家族仲良く健康で過ごしている姿を見せることが 一番の贈り物

 

さてさて 困り果てるのが 義母への贈り物

待ってるんです 今年は何を貰えるのかと

 

義父のように 欲しいものがはっきりわかっている人は有り難かったです

日本酒が好きだった義父には 毎年 各地の有名な日本酒など

普段自分では買わないであろうお酒を贈っていましたが

 

義母に関しては 何を贈っていいのやら

 

今年は スカーフを贈りました。

正しくは 今年も又・・・でしょうか

もう 何度目のスカーフなんだろう~と 思いつつ

 

「いつも同じような物でごめんなさい。」

しおらしく申し上げましたら・・・

 

「何でもいいの 貰えれば!」

 

え? ビックリ

 

そうか この人は 欲しいんだ!

 

ついつい 自分の考えを基本に考えてしまうけれど

欲しい人も居るんだってこと 今年改めて感じました。

 

ご近所のお仲間と 「今年は何を貰った」と自慢し合うことが恒例の田舎暮らし

 

贈る贈らない そんなことより 何を贈ろうか

そこの悩み 必要ないのかしら?

「何でもいい 貰えれば」の言葉が やけに引っ掛かってるんですけど~(笑)

 

来年は これまた何度目かの 日傘でも贈ろうかしら?

そろそろ 以前差上げた日傘も色あせてくる頃でしょうから

 

 

m