慈しむ

基本 適当な人間です。 

恥ずかしながら

喪の時の パンプスは革製品はNGだと知ったのは

数年前の事

 

バッグは とおに 布製に持ち替えていたけれど

パンプスにおいては 革製品を長年使用していた。

 

この度 内側の剥がれが 半端なく

足裏に貼り付くほどの 劣化極まりなく候

 

身内の通夜も 葬儀も無事終わり

 

四十九日の仕上げの日までに

布製パンプスを買いに行かなければ

 

履きやすい 布製黒のパンプスを手に入れた暁には

 

普段から 沢山はいて

仕舞い込み劣化だけは避けたいと思う。

 

 

広告を非表示にする