慈しむ

基本 適当な人間です。 

『手放す。』を 手放す。

身の周りのモノを あれもこれも勢いよく 手放し

押入れの中もクローゼットも 狭いキッチンからも

「いつか使う」「せっかく買ったのだから・・・」

「あった方が 便利かも・・・」「あの時の思い出の品」

そんな 今使っていないモノ 

ただそこにあるだけ 持っているだけで 満足しきっていた多くのモノを手放した

 

結果

 

押入れも クローゼットも 流し台の上棚も

スッキリ片付いた。

 

一番スッキリしたのは 自分の心と 住まいの空気感

 

気が付けば あの勢いついて 手放し始めたころから

 

ずっとずっと 常に何かを 手放し続けている気がする。

 

気がするのではなく 実際 いつも何かを手放し続けている。

 

手放し作業 いつ終わるの?

いつまでたっても 常に手放すものがある暮らしって 滑稽すぎない?

 

そこにあるのは 買い換えではなく 買い足しの暮らしだから 

私 いつも何か買い足しばかりしているじゃない・・・

 

もう そろそろ 『手放す。』作業自体を 手放す時期なんじゃない・・・

 

やっとここにきて 気が付きました。

 

買い足さない暮らし

手放さない暮らし

 

それこそが 余計なモノを残さない暮らしに 欠かせない 重要なことだったって

 

暮らしを楽しめない そんなのって窮屈で 息が詰まりそう

だけど 買い足すだけが 楽しい暮らしではないこと そんなこと きっとわかっていたはずなのに 

 

手頃な価格で すぐ欲しいものが手に入るこの良き時代の 悪影響を もろに受けすぎていた

影響を受けていたわけではなく 自ら飛び込んでいっていた。

 

そんな暮らし方

 

もう そろそろ終わりにしよう。

 

今あるモノだけで 十分足りている ありがたい。

 

モノを大切に育てる・・・そのような 丁寧さは持ち合わせてはいない

 

高価な 鉄のフライパンを買ったところで

鉄フラを 育て上げて 何年も使う きっと無理

 

私が買うのは お安いフライパン 汚れて剥がれてきたら 気軽に買い替えられる フライパン

それでもいい・・・ それしか出来ない

出来ない事を無理にするエネルギーは 無い

 

だから 買い替えるフライパンを選択する。

 

それで良いとする。

 

ゆるくて良い。

 

無駄に増やさず『手放す。』を手放す方法を見つけていこう・・・