慈しむ

基本 適当な人間です。 

2017年9月に どうしてもスッキリさせておきたかった事を終えました。

どうしてもスッキリさせておきたかったことがあります。

 

長年続いた 年賀状のやり取り。

 

お相手は 息子がお世話になった幼稚園の先生。

とっても 息子と気が合って 成長させて頂いた先生です。

ご結婚で退職されてからも 長年続いた年賀状だけのやり取り

 

数年前に買いもの先でバッタリお会いした時

「失礼ですが よしこ先生ですか?」とお声がけしようと

「失礼ですが・・・」と言いかけた私を見て

「サム君ママ~?」だなんて すぐわかってくださって あの時は懐かしさと 顔を覚えてくださっていた喜びで胸が熱くなりました。

 

年賀状のやり取りも 薄れてきているご時世に

いつまでも 付き合わせるのも悪いなと

 

こちらが出さなかった年 あちらからは届き

翌年は こちらが出せば あちらからは届かない

『今年はどちらが出す番だったかしら?』のようなことも あったりした長年のやり取りに

スッキリと終止符を打たなければと

 

乱筆乱文の お手紙を出しました。

 

幼稚園での思い出の 息子の近況 長年の年賀状お付き合いへの感謝 そして 息子が結婚したら真っ先に連絡することを 

 

先生からも 手紙の返事を頂きました。

 

子供さんたちの事 そして保母時代ただただ 子供が好きと言うだけで 保母になっただけなのに と

 

お互い辞め時のきっかけがないままに 長年続いた年賀状のやり取りだったと思います。

 

自然消滅的な 年賀状の終わり方だけはしたくなかったので 私的には スッキリ終止符を打て

どこか清々しくもあり 寂しくもありますが

 

先方も きっと負担にもなっていたと思います。

 

私の方は 息子が結婚したらお知らせしますね。

先方は おばあちゃんになったらお知らせしますね。と・・・

 

息子30歳の 2017年9月