慈しむ

基本 適当な人間です。 

おしゃもじに求める条件

 

ご飯がくっつかない おしゃもじ

 

もう これは当たり前のように

店頭に並ぶほとんどのおしゃもじに ブツブツがありますよね

 

こんなブツブツおしゃもじが発売されたころ

すごいすごいものが 出た~と 飛びついた時代を生きてきた主婦です。

 

ブツブツが付いたおしゃもじの 黒いものを以前使っていましたが なんだか ご飯の粘りの糊気 なかなか落としきれず 洗っても洗っても 気になって

黒だから 目だってしょうがない

白だったら 見ないフリが出来るけど え?(笑)

 

娘宅の引き出しから シッケイしてきた 白いおしゃもじは 持ち手が 長くて溝が合って カーブしてて

拭いても 溝に水分が残ることが気になっていたのと

カーブが邪魔で 真っ直ぐ引き出しに納まらず

 

イライラしてたけど

 

黙って シッケイしてきた代物だったので

あれ 使いにくいよ!の 文句も言えず

 

5年が経ちました。

 

娘は 自分の引き出しから おしゃもじが消えたことに気が付いていません 使いもしないものにあふれた暮らしですから・・・

 

我慢してれば まだまだ使えるんですけど

 

ホームセンターで 真っ直ぐカーブ無し

持ち手のところも シンプルな おしゃもじを発見

f:id:itukushimu:20170701182837j:plain

値段は 300円くらいだったと思います。

 

300円程度で イライラが消え

おしゃもじひとつでも 新しくなると

気分が違うんです

なんだか 浮かれるんです。

 

300円で ご飯を気持ちよくお茶椀によそえるんです。

 

安上がりな主婦です

安くて こんなほんのちょっとのことで 毎日のおうち仕事が 楽しくなります

 

私 知ってるんです

こんな 小さな出費が 日々重なって々 これが無駄遣いなんです

 

でも 止められないんです。