慈しむ

基本 適当な人間です。 

人と被る

 

☆非公開になっていたブログ お邪魔できるようになっていた。

非公開解除してくださったのかしら?

無知過ぎて よくわからないのですが ありがとうございます。★残させて頂きました☆

 

さてさて 出掛けた先で 人と持ち物が被るってことありませんか?

 

若いころ ブランドバッグが流行って あっちでもこっちでも 皆同じブランドのバッグを持っていました。

雑誌から発信される 『今年のトレンド~』 みたいな上手い言葉に乗せられ 次々かたちの違うバッグを  誰よりも先に手に入れたいなどと思っていたのよね

 

あの頃は 不思議なもので ブランドバッグが 人と被ることを恥ずかしいだなんて一度も思ったことがなくて

人と同じ 高級と言われるバッグを持っていることが なんだか ホコリのような

高揚感にも等しいような気分を味わっていました。

そして 人と同じということに 安心感まで得ていました。

 

幼稚園児じゃあるまいし・・・同じバッグを 斜め掛けしたり 背負ったり おかしな話ですよね。

 

お手頃価格の 同じ服が 人と被る

そんなことは 絶対イヤだなんて思っていたけど

 

ユニクロさんの ダウンが発売された当初

あの頃 色鮮やかなダウンを着た人が街を埋め尽くす勢いだった

あっちも こっちも この人もユニクロのじゃない? 

 

薄くて軽くて あたたかくて 安くて ユニクロダウン万歳~

 

どこの店のものだろうが プチプラだろうが

人と被ろうが 最近は全然当たり前の当然みたいな

恥ずかしさなんて 全然感じることありませんよ

 

大量生産だからこその お手頃価格

万歳だ! 

 

この前ね お店に入ってお茶してたの

入口から 同年代っぽい女性が入って来て

何気なく その人を見て おぉ!って思った

 

こんなの 人と被りたくないよ~の おぉ!だよ

 

その人の 左頬に 私と全く同じ位置に 全く同じ形の シミがくっきり

 

きっとあの方も あの頃 同じようにブランドバッグを誇らしく思いながら

人と被りながら持ち歩いていたんだろうなぁ

 

同じように歳を重ねると 同じようにシミもシワも出来るんだ・・微妙な安心感を得てしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする