読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慈しむ

基本 適当な人間です。 

理想的 GWの帰省方法

 

ご近所に お二人同郷だというご夫婦がいます。

 

結婚10年 子供無し

 

そんなお二人の GWの帰省方法が

なんとも ユニークかつ 合理的 理想的だと思うのです。

 

揃って 新幹線で 故郷へ向かい

到着した駅で それぞれのご実家へ・・・

長い休暇の間 どこかのお店で 両家揃って食事をして 

 

また それぞれ 自分の実家で過ごすそうです。

 

孫でもいれば おじいちゃん、おばあちゃんは 可愛い孫の取り合いにでもなるんでしょうけど

 

自分の実家で過ごせば 要らぬ気も使わなくて済む 本当に のんびり出来ると おっしゃっていました。

 

昔の人には 考えられない話かも知れないけど 

 

理想的だ!と 羨ましく思うのです。

 

年末年始は 夫は一人で 実家に帰ります。

 

私が一緒だと 正月料理を用意しなければならないので 正月の帰省に 私は必要ないようで 私は 楽ですが 一人で実家に帰ることが嫌な夫は すごく苦痛なんだそうです。

 

それも 義父が亡くなってからの事で

それまでは 正月は寒いだけだから 帰省しなくていい なんて言ってた義母

 

なので 私は 夫の故郷の正月の雰囲気を知りません。

 

義父が亡くなって ご近所の人達も 正月は 子達が帰ってくるので 義母を相手してくれません だから 寂しいのでしょう

 

だけど 私は要らないんです ラッキーです!

 

世間は GW

 

そろそろ 我が家も休みの日が決定しそうです

 

GWも 一人で帰省して ゆっくり親子の時間を楽しんで来てくれれば そう思っていますが 夫はやっぱり 一人で帰省はしたくないと言います。

 

やれやれ(-"-) 

誰かが相手してくれないと 一人で過ごせない  そんな年寄りにはなりたくないと思うのですが

 

コンビニも スーパーも

医者も 交番も 信号機もない田舎ですから

 

一人ぶらっと出掛け 時間を潰すことも出来ない義母

 

これはこれで 可愛そうです。

 

一人ゆっくり読書したり 編み物したり

そんな贅沢な時間が 毎日だと 誰一人訪ねてきてくれそうにない GWは 寂しくてしょうがないのでしょう

 

しょうがないので 行って来ます。

 

田舎に行く日が決まったら 耳鳴りと動悸が止まらなくなるのですが