読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慈しむ

基本 適当な人間です。 

予備ボタンの取り置き~その前のひと手間

 

日中 陽の当たる屋外では そろそろ半袖が恋しい季節

とはいえ 朝夕はまだ肌寒く 羽織りものが必要だったりします。

 

ブラウス コート アウター Yシャツ等々 買った時に付いてくる 予備ボタン

 

箱に大雑把に入れて保管しておいても

いざ 使いたい時に 必要なボタンを探すのに苦労したり

もう 所持していない洋服の 予備ボタンまで 保管していたりで 溜まる一方の予備ボタン

 

それほど 必要性を感じない予備ボタンですが 

無ければ本当に困るのかな?

 

無くて困ったことは 今まで一度もないし 

 

もしも 無くして・・・どうしよう?の事態が発生した場合は

 

思い切って 全てのボタンを新しく買い揃えてもいいんじゃないかと思います。

 

そうは思っていても 

 

新しく購入した服に付いてくる 予備ボタンを すぐ捨てるなんて 私には出来ません。

 

着用したとき 肌に当たって気にならないような箇所の タグに縫い付けることにしています。

 

この方法なら この服のボタンはどれだったっけ? ガサゴ探す必要もなく

箱に大量に どの服のものだかわからない ボタンを いつまでも取り置く必要もありません。

 

そして その前のひと手間として

 

新しく買った 服のボタン よ観察します!

 

縫製のしっかりしたものなら ボタン付けも丁寧です

 

ミシンで 付けられたボタンは 買ってすぐでも 糸が出ていたりします。

 

そんな場合は 

同色の糸で その上から糸を通します。

 

その上から 透明のマニュキアを塗ります。

 

ほつれ落ちを防げます。

 

毎日洗濯を繰り返す 制服のブラウス Yシャツのボタンを無くすことがなくてよかったです。