読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慈しむ

基本 適当な人間です。 

残さない暮らし 残す暮らし

 

自分がいなくなった後

誰かに 遺品を整理してもらうことになるのでしょうね

 

その 誰かに 見られたくないものは さっさと処分しました。

ヤンチャしていた頃のアルバムなんて 絶対見られたくなかったし

貴金属も ゴミ扱いされる前に 現金にして 自由に使っておきたいと思い 売りました。

 

 

日々の暮らしの中 何も残さず死を迎えることは 無理なことでしょう

 

ただ 私は 見られたくないものは 絶対残して死ねない と 考えたのです。

指輪も 時計も 必要としてくれる親族もいないので 残さないことに決めたのです。

 

けれど どうしても何も残さず この世を去ることは 出来ないと考えます。

 

いつか 誰かの手を煩わせ 遺品を処分してもらわなくてはなりません。

 

生きている限り 箪笥も 衣服も 食料も 多い少ないは別として 必要なのです。

 

残っている物 全て不用品です

どうぞ 全てを処分してください。

 

そう 書き残します。

 

それらの処分に 親族に動いてもらうのは 申し訳ないので

 

業者に頼んで 全てを処分してもらうための 少しのお金は 残しておかなければなりません。

 

遺品処分代を 残す暮らし

 

後の事をしっかり考えて 暮らしていかなければならない年齢になってしまいました。