読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慈しむ

基本 適当な人間です。 

一人っきりになりたいとき

 

そう 忙しいわけでもなく

やらねばならないことなんて 自分が勝手に作りだしているだけ

 

そんなこと 今日しなくってもいいわけだけど

明日に持ち越すなんて 考えられず

 

追われる家事より 追う家事のほうが 気が楽で

 

同じ事の繰り返しだけど そんな毎日が幸せで

 

それなのに 一人っきりになりたいって 思う時もある。

 

夫にも そう感じる時があるはずなのに

 

たまの休日といっても 私が必ず家に居るし

 

一滴の血縁関係もない 孫まで居たりして

 

一人っきりの時間なんて 全然ないんだなって思うと 気の毒になってくるよ

 

毎日 好きなお家で 自分の思うままに行動して 時に思うままにならない日には  仕事で疲れて帰って来た夫に 八つ当たりしちゃってたり

 

そんな中でも 一人っきりになりたい なんて思うことがあって

 

気が付いたら 日中私って 一人っきりじゃん

 

長毛ズは それぞれお気に入りの場所で 高鼾

 

 

なんて贅沢なんだ 私。

 

そう思える日は 心に余裕がある日

夕食の献立が決まっている日

 

今夜は 牡蠣三昧

 

牡蠣ご飯 牡蠣の煮つけの卵とじ

採りたての大根を頂いた。

お店に売ってる大根の葉は 固いけど とってもやわらかで お浸しにすると美味しいと教えて頂いた。

 

大根は 人参と大根の葉と一緒にきんぴらにする。

 

生わかめも冷凍してあるから 豆腐と味噌汁に・・・

 

献立考えるの面倒~だなんて 贅沢だ

食べたい物 作れる立場なんだからね

 

時々聞く 「今夜何食べたい?」

 

「答えるだけ無駄だ」って 夫が言うの 

そうね 朝っぱらから そんなことに頭使いたくないわよね

どうせ 私が食べたい物しか 出ないんだから

 

 なんて贅沢な日々なんだ