慈しむ

基本 適当な人間です。 

新しくお迎えした湯たんぽ

 

お湯を入れる湯たんぽ

この冬初導入してからの不満は

 

お湯を入れるのが面倒なのと 大きくて重いこと

 

足先や腰にも移動させて使うには どうも使い勝手が悪かった

 

本来 湯を入れる湯たんぽは 直接体にくっつけるのは間違った使い方なのだそうですが

寒がりは あちこち温めたいのです。

 

お布団の中を温めるだけなんて 頼りなさすぎてね・・・

 

レンジで温めて使用する湯たんぽを新しくお迎えしてみました。

 

湯を入れるタイプは 最初は熱いくらいなのに比べ ほんわかと暖かい感じ

 

外箱の画は 足を乗せているので 直接体をくっつけても大丈夫なのだろう。

 

ソフトなので 腰の下に入れてみても違和感なし

 

使用可能時間の目安は7時間との説明書きだったけど

5時間後目覚めた時には もうすでに冷たかった

 

さてさて 二種類の湯たんぽが我が家に存在することとなり

 

湯を入れるタイプの方は 日中ブランケットと共に使うことにしようか・・・座りこんでないで動けって話よね

 

しばらくは 処分しないで様子見だ~