慈しむ

基本 適当な人間です。 

我が家は 極小です!

あえて選んだわけではないのですが

極小住宅で暮らしています。

 

小さな家 そのような言い方だと 可愛らしい家のイメージ

 

狭い家 こんな言い方だと なんだか 惨めっぽい気がするのですが

 

いずれにしろ 極小です。 

 

若いころは もっと広い家に住みたいとか お友達を 大勢呼べないとか 考えていましたが 月日というのは あっという間に流れ

 

老体になった今は 極小万歳尽くめです。

 

まず 税金の支払いに 頭を抱える事もありません。

 

同じ役目のもの(洗剤や ティッシュ等)を いろんな場所に置く必要もありません。

なぜなら ドア一つ開ければ 使いたいものが すぐ取り出せるのです。

 

ティッシュも 洗面所にひと箱置いておけば 食事中必要となったとしても 洗面所のドアを開ければ 使えます。 広い家なら わざわざ廊下に出て 洗面所に行かなければならないこともあるでしょうけど リビングとキッチンが 一体化の我が家の 冷蔵庫隣が 洗面所の入口 下手すると 広い家で暮らしている人が ダイニングで急に使いたくなったティッシュを リビングのテレビボードに辺りに置かれた ティッシュを取りに行くより 素早く行動出来るのです

 

酸素系漂白剤を 洗濯にも 流し台の掃除にも使いますが それぞれに置く必要もなく 洗面所にひとつ・・・キッチンで使いたいときは すぐ 取りに行けます。

 

重曹クエン酸は 使用頻度の高いキッチン流し台下にあります 

入浴の時も トイレ掃除の時も

キッチンから 持って行けば いいのです。

 

以前 ペットお世話用に買った トイレットペーパーが使い辛く テレビボード下の ペットお世話セットの中から トイレットペーパーは消えました。

 

夫が ペットお世話をしてくれた時 トイレットペーパーが 無かったのでと トイレに行って  ペーパーを必要分持って来て 使っていました。

 

そうか・・・我が家は リビングからもドア一枚で すぐトイレなんだった! これからは 私も必要な時 トイレから 必要な分だけ持ってくればいいんだな

 

いろんな物 増やさなくても 極小住宅は ひとつあれば大丈夫なこと いっぱいあります。

 

お友達大勢呼べませんが 

ママ友だとか 同級生だとか そう言う類の友人も 月日が流れ 縁遠くなってきているし 人と会うなら

どこか素敵なお店でゆっくりするほうが お互い気を使わずに済むのですよね

 

若いころは 人に 素敵とか 凄いとか言われたいなと思う部分がいっぱいあったような気がします。

 

歳を重ね 自分が心地よい住まいが一番だってことに気が付きました。

極小ですが 私は この家が大好き

この先も もっと快適に暮らせるよう 日々工夫して 小さな暮らしを楽しんでいこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

どちらを選ぶことがいいのか 悩み迷う時

 

背の高いイケメン だけど 稼ぎの少ない男

背は低くぶっちゃいく だけど 高収入で家庭的な男

 

どちらを選べば 幸せになれるのか

 

長い人生の中で そんな選択を迫られたシーンは 一度もありません。

 

長い長い 人生で どちらを選ぶべきか悩み迷う時は 数知れないと言うのにです・・・

 

長く生きて居ると 目が複雑に悪くなります。

 

遠くも近くも 見えなくなります。

 

遠近両用コンタクトレンズ使っています 

遠くまで 見えるように度数を合わせれば 手元がぼやけ

手元優先 で レンズ度数を合わせば 遠くがぼやけてしまうのです。

 

高価な 遠近両用を使用しているにも関わらず 小さな文字を見るときには 100均の度数の低い老眼鏡を使わなければならない なんとも 大人の目は 厄介です。

 

そんなことならば 価格の安い 遠用コンタクトに変えて 文字を見るときは 100均の度数の高い老眼鏡を使用するべきなのか

 

遠近両用メガネは持っていますが 普段メガネを使いなれていないので 車の運転・・・特に バックするときは レンズの境目が気になり 使い心地が悪いのです。

 

今 私は このまま ちょっと見えにくい両用コンタクトを 高額購入し続けるべきか  価格の安い 遠用レンズに変え 度数の高い100均の老眼鏡を買うべきか 悩んでいるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

旬のものは 旬のうちに

 

10年以上前

名もない リサイクルショップで 漫画を20冊買った夫

 

一冊100円だったことは しっかり覚えています。

 

当時 人気のあった漫画

 

読み終えて 買い取りしてもらおうと店頭へ行った夫

 

20冊全てを そのまま持ち帰り

「一冊 30円の買い取りだったので 売らなかった」と言った。

 

邪魔だ 邪魔だと いつも感じていたので

 

「あれ どうするの?」と聞いてみた。

 (さすがに 気に入って買った漫画は あることを覚えているだろうから 黙って捨てたりしてなかったので・・・)

20冊もの漫画 持っていることも忘れていた夫 ブックオフへもっていっていいとのこと

 

昨日 行ってきた。

 

買い取り価格 20冊で 100円なり・・・

 

旬のものは 旬のうちに手放せ!ばっきゃろ~~~~

 

 

 

 

残さない暮らし 残す暮らし

 

自分がいなくなった後

誰かに 遺品を整理してもらうことになるのでしょうね

 

その 誰かに 見られたくないものは さっさと処分しました。

ヤンチャしていた頃のアルバムなんて 絶対見られたくなかったし

貴金属も ゴミ扱いされる前に 現金にして 自由に使っておきたいと思い 売りました。

 

 

日々の暮らしの中 何も残さず死を迎えることは 無理なことでしょう

 

ただ 私は 見られたくないものは 絶対残して死ねない と 考えたのです。

指輪も 時計も 必要としてくれる親族もいないので 残さないことに決めたのです。

 

けれど どうしても何も残さず この世を去ることは 出来ないと考えます。

 

いつか 誰かの手を煩わせ 遺品を処分してもらわなくてはなりません。

 

生きている限り 箪笥も 衣服も 食料も 多い少ないは別として 必要なのです。

 

残っている物 全て不用品です

どうぞ 全てを処分してください。

 

そう 書き残します。

 

それらの処分に 親族に動いてもらうのは 申し訳ないので

 

業者に頼んで 全てを処分してもらうための 少しのお金は 残しておかなければなりません。

 

遺品処分代を 残す暮らし

 

後の事をしっかり考えて 暮らしていかなければならない年齢になってしまいました。

 

 

 

 

春の 寒暖

まだまだ 寒い日が続き 春~初夏が待ち遠しいと思っていたら 突然の豪雷雨

 

翌日は 初夏を思わせるような 暑さになった。

 

春の天気は これだから 嫌になる

 

嫌だけど 夏になるには 春を通り越さねばならない。

 

暑い 暑い

車の中 凄く暑かった昨日 窓を少し開け 風を入れる

 

数時間後やっと気が付いた エアコン入れればいいんじゃないのって

 

寒い寒い 文句ばかり言ってたくせに 暑ければ 暑い暑いと また文句ばかり

 

昨日は珍しく 半日車の運転 頬と手の甲が 真っ赤に日焼け

 

着々と 春~夏に向かっているのだと感じたが 日焼け止め 塗ってなくて また今年も 真っ黒なおばさんになるんだな

 

今朝は 冬の手袋とマフラーを手洗いして 綿の手袋を用意した。

 

夏場は 暑すぎて 綿の手袋も使わなくなるけれど 一応・・・

 

今日は薄曇り 風が強い

この時間になって 肌寒くなってきた。

 

今だから 思う

今年はもうこれ以上焼かない

だけど 真夏には 暑すぎて 半そでで平気で自転車をこぐ

 

半そでの上に 長袖を着て 日焼け対策するより 薄手長袖一枚で出かけるほうが 涼しいし 日焼け対策にもなる

この時期だから 考えられるけど 真夏には やっぱり無理

広告を非表示にする

4月ですね。

心ウキウキ 春ですね

 

花屋の店先には 色とりどりの可愛い鉢植えが並んでいます。

 

玄関先に お花があると 華やかで嬉しくなります。

 

大きな鉢植えは 持たないようにしています。

 

小さな鉢は 移動させるのも楽です。

 

小さなおうちの玄関にピッタリです。

 

管理も 処分も? 楽です。

 

来年も 花を咲かせようと頑張っても 適当な私には無理

花の時期が終わったら 処分せざる得ないので・・・

 

 

 

 

広告を非表示にする

屋外のごみ箱

 

ゴミは 収集日まで 屋外のごみ箱にて 

 

深くて洗いにくい ゴミ箱ではなく

ガーデニング用品入れを使っています。

 

幅はあるけど 深さがないので

洗いやすく 洗ったあと 天気の良い日は 蓋を開けたままにして 自然乾燥

 

見た目も ゴミ箱っぽくなくて いい感じです。

 

 

広告を非表示にする