読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慈しむ

基本 適当な人間です。 

クエン酸 大失敗の巻

 

重曹クエン酸

 

子供の水筒を 安全に綺麗に洗いたいと考えて 使いだしたのだから

 

もう かれこれ15年の付き合いになろうか

 

入浴時には 適当に 湯船に重曹クエン酸で 入浴剤

我が家の 人造大理石の浴槽に クエン酸はNGだと知ったのは 数年前だけど

 

湯船は なんともないので その後も使い続けている

 

子達も巣立ち

 

今は 夫の水筒洗いに・・・

重曹クエン酸を入れ ご丁寧に蓋をしたものだから

蓋がぶっ飛びましたとさ

 

うん 失敗と言えば失敗だけど クエン酸が 発泡してると 確認できたので 良し! どこまでもいい加減な適当人間

 

こんな失敗なんのその~と

 

毎晩皿洗いの最終に ついで洗いしてる コンロの五徳

 

普段は クエン酸をそのまま使っているけど 丁度空きスプレー容器があったので 適当にクエン酸を薄め 五徳目がけて シュッシュと吹きかけ

 

お皿拭きして コンロ周りを布巾で拭いて

 

仕上げに 五徳を水洗い

 

五徳に シュプレーしたクエン酸の跡形が クッキリと残ってしまいました。

 

時間を置き過ぎたのか 五徳の素材と相性が悪かったのか

 

今まで 綺麗を保てていた五徳が 無残な姿となってしまいました。

 

その後 いろいろ試したけど 五徳は無残な 丸いクエン酸の後が 残ったままです。

 

五徳のみを買い替えようかと 悩み続けているのですが

 

調べてみても 結構お手頃価格

 

嫌だと思いながら 毎日使うより 新しく買い替えて すっきり暮らす方が 気持ちいいのはわかってるけど

 

まだ キッチンリフォームを諦めきれていないので しばらくこのま使うことになりそうう

 

自分で仕出かしたことなので 文句いう相手もなく 

 

なるべく 暗がりでお料理作ることにしてるんです

 

使える素材 使えない素材

今更ながら しっかり勉強しなおします。

 

 

 

 

ブルゾンレッドのマニュキア買いました。

 

 

素足の季節がやって来ました。

 

ブルゾンちえみさんの 口紅の赤

あんな 口紅つけてみたいと 最近思うんです 頭の中 春爛漫

 

メイクはしなくなったけど

 

素足の おばさんの 足の爪が

素だと あんまり気分が良くないと 自分で感じます。

 

私の素足の 素の爪を まじまじと眺める人はいないけど

 

自分のテンションアップのために 素足の季節は 足の爪だけ 色を付けます。

 

去年の素足のころは 水色にはまっていたのですが

 

ブルゾンレッド あの口紅のような 赤いマニュキアを一本買いました。

 

セリアさんの 太筆は 塗りやすくて 毎年同シリーズで その時欲しいと思う色を買います。

 

 

マダムの下着売り場 派出すぎない?

 

トリンプさん発表

プレミアムフライデーブラ!

 

さすがに あそこまではいっちゃってないけど

 

マダムの そう ちょっと高級そうな下着売り場が 派手色で ビックリする

 

Tシャツで過ごす 夏日は ブラうつりが気になって 

 

うつらない色を探す

 

下着が ブラがうつっても 許されるのは 高校生くらい?

 

マダム下着売り場で Tシャツでもひびかない下着を探せば ベージュを勧められるけど

 

白Tには やっぱり 白い下着がいいんじゃないかと思う今日この頃

 

なかなか 真っ白な下着の上下が 売っていないことに驚く

 

下着は 上下揃えて着用する

 

安くてもいいから よれた下着は 付けないこと

 

去年くらいまでは 黒い下着に拘っていたけど 最近は 白

 

だれも 聞きたくないわよね

こんなおばさんの 下着事情なんてね

 

でも 思うんだよね

 

マダム世代の 下着売り場 やっぱり派手なの多くない?

 

実はみんな あんな 真っ赤や 紫 好んで付けているのかしら?

 

ちょっと 怖いわ

 

 

 

 

 

 

予備ボタンの取り置き~その前のひと手間

 

日中 陽の当たる屋外では そろそろ半袖が恋しい季節

とはいえ 朝夕はまだ肌寒く 羽織りものが必要だったりします。

 

ブラウス コート アウター Yシャツ等々 買った時に付いてくる 予備ボタン

 

箱に大雑把に入れて保管しておいても

いざ 使いたい時に 必要なボタンを探すのに苦労したり

もう 所持していない洋服の 予備ボタンまで 保管していたりで 溜まる一方の予備ボタン

 

それほど 必要性を感じない予備ボタンですが 

無ければ本当に困るのかな?

 

無くて困ったことは 今まで一度もないし 

 

もしも 無くして・・・どうしよう?の事態が発生した場合は

 

思い切って 全てのボタンを新しく買い揃えてもいいんじゃないかと思います。

 

そうは思っていても 

 

新しく購入した服に付いてくる 予備ボタンを すぐ捨てるなんて 私には出来ません。

 

着用したとき 肌に当たって気にならないような箇所の タグに縫い付けることにしています。

 

この方法なら この服のボタンはどれだったっけ? ガサゴ探す必要もなく

箱に大量に どの服のものだかわからない ボタンを いつまでも取り置く必要もありません。

 

そして その前のひと手間として

 

新しく買った 服のボタン よ観察します!

 

縫製のしっかりしたものなら ボタン付けも丁寧です

 

ミシンで 付けられたボタンは 買ってすぐでも 糸が出ていたりします。

 

そんな場合は 

同色の糸で その上から糸を通します。

 

その上から 透明のマニュキアを塗ります。

 

ほつれ落ちを防げます。

 

毎日洗濯を繰り返す 制服のブラウス Yシャツのボタンを無くすことがなくてよかったです。

 

 

 

 

生活感の無い暮らしは 永遠に不可能なのか?

 

流し台が 常に視界に入る 我が家

 

なるべく 生活感を出したくないので

片付けられるものは 全て 引き出しや棚の中に仕舞います。

 

壁や 床の色  扉の色

今の自分には 気に入らない物が多いです

 

自分一人では どうすることも出来ないことは なんとか我慢するしかないのですが

 

なるべく 柄の物を持たないように

 

幸い 大きな食器棚は 白色

 

黒いテレビボードの 新聞 ペットお手入れセットは 黒い籠にて収納し 存在を隠す

 

あれもこれも要らないと 不用だと思うものを排除し 家を建てた従姉妹が 我が家に入って 「ここで 生活してるの? なんか 生活感なくていいよな~」と

 

彼女の家の方が 本当にスッキリしている

床 壁 全てそのカラーに合わせて 買い揃えられた 家具

もしもわたしが 家を建てるなら 彼女の家を真似したい

 

そう思ているのに・・・

 

30分後・・・ 「目が慣れて来たら やっぱり生活感 あちこちに感じるわ」って 言われた

 

普段この部屋で生活している私には 見慣れた 部屋で どれだけスッキリを心がけても

自分の描く生活感のない暮らしは 永遠に手に入れられないんだ

 

ここには 普段の暮らしがあるから 仕方がないのかしらね

 

その後 彼女の家へ

相変わらずに 広々としたリビングに

テレビが一台 たったそれだけ

 

やっぱり 生活感がない

 

人と比べる癖 治らないわ

 

 

 

 

 

 

 

 

極小我が家のスリッパ事情

 

極小我が家の 一階

キッチンリビング一体化の一室のみです。

 

この家に引っ越した当初

この狭い一室に 180センチ カリモクのリビングテーブル 椅子は 肘掛けまでついた大きな

思い返せば 座るのも 一苦労だった

 

椅子を引けば 流し台に当たる背もたれ 

それでも あの頃の私は リビングなのかキッチンなのか どちらともいえないこの空間を どうしても 洋間として 使いたかったのだ

 

当然 家族分のスリッパをそろえ

ご丁寧に 客用スリッパまで 買い揃え

 

新築当初は 来客も多かった

こんな狭い土地に 家が建つとは・・・みな興味津々だったのでしょう

 

客が来れば スリッパを・・・

そんな暮らしが憧れでした。

 

スリッパを出された客は どこでスリッパを履き どの区切りで脱ぐのか 迷ったことでしょう

そう この狭い一室を わざわざ 二部屋

キッチンと リビングに 区切ろうと  簡易畳をテレビの前に 敷きつめ 和室洋室を作っていたのです

 

 

そんな暮らしを経たからこそ

 

小さな一室は 一室なのだ

それで いいのだと思えるようになりました。

 

ここが キッチンだろうと リビングだろうと

 

もう 最近客は来ません 呼びもしせん

 

冬 足元が冷えました。

 

この部屋ようの スリッパは もうきっぱり捨てました。

 

洗面所が冷たいと 母が文句を言うので 冬場限定 洗面所にだけ スリッパを置きます。

 

キッチンで 足元が冷たいと感じたら 洗面所のスリッパを履きます。

使わないときは 洗面所に戻します。

 

脱ぎ捨てられたスリッパが キッチンに放置されているだけで 目障りですが 洗面所に戻しておけば 視界良好です。

旬野菜を贅沢に頂く。

 

やわらかな 春キャベツは

サラダで 生で 頂くのが一番美味しいと感じます。

 

季節の旬を

旬のお野菜を 素材そのままの 甘みを 葉の柔らかさを

一番美味しく頂く

 

このやわらかな 葉の甘みを

生ではなく 火を通して頂くのは

 

なんて 贅沢な食べ方

 

勿体ない この時期にしか味わえない 味をわざわざ 手を掛け

加熱料理するとは

 

豚バラ肉と 春キャベツを 味噌炒めにし

一味をふりかけ

 

贅沢な 週末のおうちランチ 

 

小手毬が 可愛く咲きました。

日の光を浴び そよ風に揺られ 可愛く咲き誇っています。